2008年05月06日

断食道場で学んだ引き寄せテクニックより大事なこと

ザ・シークレット〜引き寄せの法則・2
284 :神も仏も名無しさん:2008/05/06(火) 20:05:35 ID:05BxcVyh
さて、ベジ話だけでも何なのでひとつ具体的な話を。

大学生の時、夏休みに断食道場で合宿して断食をしたことがあるんですよ。
10日間程度の短いものでしたけどね。だけど、その後しばらくの間は、
ちょっとびっくりするくらいのシンクロ現象の嵐に見舞われることになって
本当に面白い体験をしました。よくありがちな話ではあるんですけども、
ある人のことを考えていたら突然その人から電話がかかってきたりとか、
新宿駅の南口で一日のうちに三回も同じ人に逢ってお互いにびっくりしたり。

それと、夏休みが終わって間もないある日のこと、寝入りばなに、突然、
『医科生理学展望』という当時大学で使っていた生理学用の指定テキストの
映像が鮮明に現れたかと思うと、その本のページ数が何個か続けてパッパッと
デジタル時計のように浮かんだんです。慌てて飛び起きてノートにメモって
その『医科生理学展望』という分厚い生理学のテキストの該当ページを開いて
印をつけておきました。もしかすると、ここから前期試験の問題が出るのでは?
と閃きましたので。それで勿論、その部分を含めて試験前に勉強したわけですが、
案の定といいますか、出された問題はすべてその該当ページからのものでした。
問題のすべてです。全部で5題だったのですが、そのすべての問題です。
うちの大学の生理学の教授は本当に意地悪な人で、毎年毎年重箱の隅を突つくような
変な問題ばかり出し、生理学でひっかかって臨床に進めず留年する学生が、
毎回必ず出てくるような有様でしたが、これには本当に助けられました。

断食を指導されていたご住職は、脳腸相関について話されていましたが、
腸を浄化していくことで、脳(心)も浄化できる、と仰っていました。
脳腸相関については医学的にもちゃんと認められていますから、
検索するなり、図書館で調べるなりして、よければ確認してみてください。
(勿論、医学的に見とめられているのは神経生理学的な相関関係だけですが)


286 :神も仏も名無しさん:2008/05/06(火) 20:06:45 ID:05BxcVyh
その道場では、掃除についても大変重要視されていて、毎朝5時に起床して、
まずはお寺の境内をみんなで汗だくになって大掃除します。掃除を通しての心の浄化。
心を浄化したくば、自身の身体を含めた環境の浄化から、ということです。
心を浄化していけば、余計なブロックに邪魔されることなく、直感や閃きを
ストレートに受け止めることができるようになり、それを実生活に活かしていく、
ということが可能になるのかもしれません。

ベジタリアンの人たちはこの掲示板では叩かれまくっているわけですが、
腸相をよくしていくという意味では一理あるのではないかと思います。
肉は腸内での停留時間も長く、所謂腸内悪玉菌が一気に優勢になります。
ヨーグルトなどは乳製品の一種ですが、これは腸相の改善には役立ちますよ。
何を食べるか、ということよりも、それが第二の脳たる腸の環境改善にとって
プラスになるかどうか、という視点で捉え直してみると面白いかもしれません。
ニート君たちが大好きなコンビニ弁当やジャンクフードは勿論ダメです。
夜中にこそこそとゴキブリのように這い出してきてコンビニで夜食を買っくる…。
そういう生活を改めることが底辺の生活から抜け出す第一歩だと思います。
引き寄せのテクニックよりも、まずは環境と自分自身の身体を整えること。

お寺のご住職も言われていたことですが、心というのは捉えどころがない。
だから、心と相関関係を持つ部分から攻略していけばいい、ということです。
食生活に気をつけ、早寝早起きをし、部屋をきちんと片づけて絶えず窓を開け、
新鮮な外気を呼び込むことで部屋の中の空気が澱まないように常に留意する。
あなたの食べるものや食べ方、あなたの住んでいる部屋の様子、それらは、
すべてあなた自身の本当の姿に他ならない。自分自身をごまかすことはできません。
昼夜逆転の出鱈目な生活を送り、お行儀の悪い食べ方でジャンクフードを貪り喰らい、
部屋は散らかし放題に散らかしていれば、それはあなたそのものなのだから、
それに相応しい現実を引き寄せることになるだけだということです。

まずは身近なところから、足元から。
○○のテクニックを使って一気に起死回生なんていう夢想に耽って、
貴重な時間を無駄にしないことですね。


posted by religion-se at 20:05 | 1〜10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。